神社の手水 (ちょうず)のやり方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

初詣などで神社へ出かける方が多いと思います。

参道の終わりに、手水屋があり身を清めてお参りするのが正式です。
手水の正しいやり方を覚えておきましょう。

STEP1

置かれている柄杓に、すっかりと水をすくいとり、この1杯の水で清めるのが一連の動作です。

1.右手で柄杓を取り左手をすすぐ。
2.柄杓を左手に持ち替え、右手をすすぐ。
3.右手に柄杓を持ち替え、左手の手のひらに水を落としその水を口に含んで口をすすぐ。
4.含んだ水で音を立てないように口をすすぎ、左手を添えて隠しながら吐き出す。
5.両手で柄杓を立てるように持ち、柄に水が流れるようにする。

STEP2この手水には、身を清めるという意味があります。

合わせて、こころに溜まっている悪い記憶を思い出しながら洗い流すと、キレイサッパリできるいう効果があります。

まとめ

神社仏閣の手水は、心も体も清めるためのお水です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ