自動車用ボディーガラス系コーティング

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:407
  • ありがとう数:0

はじめに

ガラス系コーティング
大きく分けて二つ有ります
・水を はじかないタイプ
・水を はじくタイプ

STEP1水を はじかないタイプ

ガラス系コーティングで水を はじかないタイプ・・・
車庫が屋根付きでなければ こちらが お勧めです!!!なぜか?それは・・・
はじかないコーティングはボディー表面に雨などの水が かかっても弾かないので水玉に成らずに ガラスの表面の様に ベターって感じで広がります
これが 弾くタイプですと 水が水玉に成ってボディー表面に残るのです
そこに太陽の光などが当たったときボディー表面に丸い焼きつきが出来てしまい、一度出来てしまうと なかなか取れない厄介な跡になってしまいます
ですから、車庫が屋根なしの場合は 弾かないタイプを お勧めします・・・が、
けっしてお安いお買い物ではないし、あくまで好みの問題なので、ご自分で判断してください・・・

STEP2水を はじくタイプ

ガラス系コーティングで水を はじくタイプ
水を弾くタイプは雨などの水に濡れると水玉に成り弾き「サー」と簡単に水が取れてお手入れも簡単です

STEP3

但し 水玉を取らずに放置しておくと太陽の光などでボディーに焼きつき 丸い円の跡が残り なかなか取れない厄介な跡になってしまいます、ですが、最近では丸い跡の出来にくいような工夫もされてはいます
特に濃い色の車は目立ちやすいので要注意です(残念ながら白でも成ります)

まとめ

ポリマー系のコーティングに比べ ガラス系の場合「強さ」「つや」「持ち」などなど 優れている所は多いのですが・・・やはりコーティングを しているからと言って安心せず小まめな水洗い洗車は必要になります(勿論 手洗い洗車を お勧めします)

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

愛車を 大切にする気持ち!!!

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ