ウナギのさっぱり梅寿司

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:167
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hana-haha
寿司酢のかわりに梅干しを使って、ウナギを爽やかな混ぜ寿司にします。

STEP1

1.梅干しの種をとり、果肉を包丁でたたいてペースト状にする。枝豆は茹でたものの、さやと薄皮を取り除いておく。

STEP2

2.ウナギのかば焼きは温めず、1cm角に切り、青紫蘇は千切りにしておく。

STEP3

3.ご飯に梅干しを混ぜ、酢飯を作る。ウナギ、さやから出した枝豆、青紫蘇半量を混ぜる。器に盛り付けたら、仕上げに青紫蘇の残りを飾る。

STEP4

ウナギは言わずと知れた夏のスタミナ食の王様。日本では平安時代から強壮食品とされていました。栄養価は本当に豊富で、タンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、鉄、DHAなどが多く含まれています。さらにムコ多糖体というぬるぬる成分も、弱った胃腸の粘膜を優しく保護し消化吸収を助けてくれます。
夏は淡白な食事が多くなりがちなので、土用の日にウナギを食べるのは夏ばて防止に理にかなっています。

まとめ

夏かぜの予防には、ウナギのビタミンAが効果的です。

関連するタグ

必要なもの

〈2人分〉 ウナギのかば焼き 120g 梅干し 2個 温かいごはん 280g 青紫蘇 10枚 枝豆 正味60g

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ