油分で閉じこめるスキンケア

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

洗顔の後、化粧水が要らないほどしっとり…。憧れ肌の代名詞ですが、こんな落とし穴があります。

STEP1

お肌が乾燥している、潤っている、その判断をするのは外部と直接接している角質層の状態によるものです。この角質層には、外的刺激物質や細菌から守る役目と、肌の水分を保つという二つの役目があります。
こんなに重要な役目を担っているのに、なんとその厚さは、ラップ1枚程度といわれています。
プルプルの健康美肌とは、この角質層にたっぷりと水分を含んだ状態をいいます。

STEP2

ではこの角質層に水分を保つにはどのようしたらいいのでしょう。まずは今や健康肌を作る上での代名詞、ヒアルロン酸と、コラーゲンなど、水分を抱え込み、身が左内効果のある成分を配合している製品をチョイスします。
また保湿製品を遣うタイミングは、入浴直後、または洗顔直後が厳守!お肌全体にのばしたら、軽く抑えるようにパッティングします。乾燥肌や敏感肌の人は、手のひらでパンパンとたたいて刺激を与える行為はなるべく避けた方が無難です。

STEP3

続いて大切なのが、油分の補給です。化粧水だけだと、せっかく水分を補っても閉じこめないで放置してしまう状態になり、肌表面からどんどん水分が逃げていき、更なる乾燥を招いてしまうこともあります。
油分は肌にとってなくてはならないもの。乾燥肌は肌を保護する皮脂膜の働きが低下していることが多いので、肌がべたつくのを嫌わず、顔全体にクリームを塗り、水分や美容成分にふたをしましょう!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ