考え過ぎの悪影響

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by jc17
仕事のことや家族のこと、友達や恋人のコト…。気が付くと頭の中が考え事だらけになっていませんか?

STEP1

実はこの考えるという作業、体の様々なトラブルを引き起こすきっかけになっているそうです。

STEP2

頭で物事を考えると、体にある血液の70%もが頭を中心とした上半身に集中します。血液が集中する頭の周りは皮膚温があがり、肌荒れを引き起こしたり、血の巡りが悪くなり、血液が足りなくなった下半身は冷えが起こる、というわけです。

STEP3ではどのようにしたら改善できるのでしょう。

それは意識して呼吸すること!普段無意識に行っている呼吸を、意識して吸ったり吐いたりするだけです。それだけで血液と酸素が全身に巡るようになり、心身の機能が向上すると言われています。
吸う時にお腹をふくらませて、吐く時にへこませる、腹式呼吸で行うと効果的ですよ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ