1月6日は小寒です・・・・二十四節気ってご存知でしょうか?<豆知識>

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:888
  • ありがとう数:0

はじめに

小寒は『二十四節気』の中の気温が一番低くなり始めるころをいいます。

『二十四節気』とは、黄道を黄経0度から15度づつに刻み、太陽がその区分点を通る日付によって太陽年を24の期間に分け、それぞれの期間の季節的な特徴を表す名称を点けた物です。
古来中国から伝来して、日本でも季節の定めに重用され今日に及んでいます。

STEP1

Photo by gang★
小寒とは寒さが最も厳しくなる前とか、寒さが加わるという意味で、いわゆる『寒の入り』のことです。 
2011年は1月6日ですが暦ではだいたい1月5日頃といわれています。

STEP2

小寒後15日で大寒に入り、大寒から15日でかんがあける、つまり小寒から節分までが寒の内です。館のうちとは一年の最も寒い季節の事で、暦の上の寒の内が実際には気温の最も低い季節です。

STEP36日の小寒は寒さが強まるようです。

Photo by gang★
日本付近は冬型の気圧配置が強まり、日本海側の地方は雪が降る所が多いようです。
太平洋側は大体晴れそうです。

6日の最高気温
札幌   -2℃
東京    9℃
新潟    2℃
名古屋   7℃
大阪    7℃
福岡    5℃の見込みです。
各地とも平年を下回り、真冬以上の所が多くなるようです。
風邪やインフルエンザにかからぬようしっかりと寒さを防げる服装で出掛けましょう。


日本気象協会tenki.jpより

まとめ

Photo by gang★
日本には季節のそれぞれに節気があり、生活の中に取り入れられています。春夏秋冬その時々にの季節や行事催し等楽しみ、伝えていきたいですね。

『二十四節気』
春…立春(2月4日ごろ)雨水(2月19日ごろ)啓蟄(3月5日ごろ)春分(3月21日ごろ)清明(4月4日ごろ)穀雨(4月20日ごろ)

夏…立夏(5月5日ごろ)小満(5月21日ごろ)芒種(6月6日ごろ)夏至(6月21日ごろ)小暑(7月7日ごろ)大暑(7月23日ごろ)

秋…立秋(8月7日ごろ)処暑(8月23日ごろ)白露(9月7日ごろ)秋分(9月23日ごろ)寒露(10月8日ごろ)霜降(10月23日ごろ)

冬…立冬(11月7日ごろ)小雪(11月22日ごろ)大雪(12月7日ごろ)冬至(12月22日ごろ)小寒(1月5日ごろ)大寒(1月20日ごろ)

等です。


http://www.tvkanazawa.co.jp/:season.html

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ