体の熱を逃がさない工夫

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

家にいる時も出かける時も暖かい服装をしましょう。 首や肩、腰、手のひらなどが外気にさらされたり、衣類の隙間があると体の熱が放出されて寒くなります。

STEP1上半身は首元を温めると体感温度がアップします。

タートルネックの服を着たりマフラーやネックウォーマーなどでガードしましょう。
薄手のシャツ(ヒートテックなど)を何枚か重ねると衣類の間の空気の層が体温で温められて暖かくなります。

STEP2

体の中で「首」のつく箇所、首以外に手首や足首も手袋やレッグウォーマーなどでガードすることで体感温度はアップします。
仙骨(腰の逆三角形の骨)の位置に衣類の上から使い捨てカイロを貼ると体幹から温まります。下腹部にも貼ると効果倍増です。

まとめ

使い捨てカイロを使う時は、低温やけどに注意してください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ