暖房器具の効果的な使い方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

寒い冬でも家の中は暖かくしておきたいですよね。
それぞれの暖房器具を使って効率的にお部屋を暖めましょう。

STEP1暖房でエアコンを使う時にはルーバーは下向きにしましょう。

暖かい空気は上にたまるので下向きにすることで部屋の上下の温度差が少なくなって部屋全体が暖まりやすくなります。

STEP2

電気ストーブやヒーターを置く時は窓側に背を向けるように置きましょう。
暖気が窓から入ってくる冷気を上に押し上げるので空気が対流して効果的に部屋が暖まります。
くれぐれもカーテンが暖房器具に当たらないように気をつけてくださいね。

STEP3こたつは昔からの暖房器具のひとつですね。

最近ではリビングがフローリングのお家も多いですが、畳でもフローリングでもこたつを置く時は床からの冷気を遮断できるように厚手のマットなどを敷いておくと少ない消費電力で暖かくなります。

まとめ

エアコンはどうしても空気が乾燥してしまいがちなので、遠赤外線のパネルヒーターなど輻射熱暖房の方が部屋全体がちょうどよく暖まるみたいです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ