病院でする肩こり治療の方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

食事や運動、日常生活を改善してもなかなか肩こりが改善しない場合は病院に頼るのも一つの手だと思います。 肩こりのひどい方は頭痛がひどかったりして、日常生活もままならない人もいるでしょう。 そういう人は、病院で理学療法も試してみるのもいいかもしれません。

STEP1病院で行われる理学療法の代表的なものは次の通りです。

病院に行くのを戸惑われる方は参考にしてください。

STEP2〇 低周波療法

電気刺激療法とも言われます。
低周波といわれる1~5Hz、50から100Hzの弱い電流を皮膚につけた電極に流します。
そうすることによって、筋肉を収縮させたり、神経を興奮させることで運動機能を回復させます。
血流や疲労物質の排泄がスムーズになり、肩こりが軽減されます。

STEP3〇 けん引療法

首を固定して器械で引っ張りのばすことで、椎間板の負担を軽くする方法です。
神経への圧迫や筋肉の緊張を取り、患部血行を良くすることで、症状が軽減します。
主に、椎間板に障害がある時の治療法です。

STEP4〇 ホットパック療法

温水を大量に取り込む性質のあるシリカゲルをもちいたホットパックで、患部の周囲をおおい、長時間温める治療です。
血流を良くし、筋肉の緊張をほぐす作用があります。

STEP5〇 レーザー療法

光線治療の一種です。
体の深部まで到達するレーザー光線を患部に当て、細胞に化学変化を起こさせます。
問題のある細胞の活動を抑制することで、痛みをとり、温熱で血流を改善します。
最近ではコールドタイプも出てきていますが、まだまだ日本では普及されていないのが現状です。

STEP6〇 薬物療法

痛みがあまりにも辛い時は注射をもちいることもありますが、まれにショック反応をおこすこともありますので、あまりもちいられません。
注射の種類は、神経ブロック注射、ステロイド注射、ホルモン注射などがありますが、ヒアルロン注射の安全性が高いといえます。

その他、飲み薬で痛みを和らげたり、筋肉の緊張を和らげたり、ビタミン剤が処方されたりします。

これらは一時的なものですので、日ごろの生活習慣の見直しも併せて改善していく必要があります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ