肩こりにいい食べ物

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

肩こり解消にはさまざまございます。 姿勢を正したり、運動したり、リラックスしたりとよく聞くのではないでしょうか。 ですが、食べ物で肩こりを和らげる方法もあります。 いつもとる食事に、この食材をプラスすることによって、少しづつですが、肩こりを改善することができます。 毎日肩こりを改善するために運動やリラックス方法とともに食事もとりいれて見られてはいかがでしょうか。

STEP1★ コラーゲン

首の骨と骨の間でクッションの役割をする椎間板は、コラーゲン繊維からできた軟骨です。
コラーゲンの多い食事を長期的に取ることで、椎間板を強くすることができます。

コラーゲンを多く含む食材
〇鶏がら
〇鶏手羽先
〇牛すじ
〇うなぎ
〇スペアリブ
〇ふかひれ

STEP2★ ムコ多糖類

ムコ多糖類とは食べ物のヌルヌルネバネバしているもののことです。
これは関節の動きをなめらかにして椎間板の負担を軽くします。

ムコ多糖類を多く含む食材
〇納豆
〇山芋
〇オクラ
〇なめこ
〇海藻
〇うなぎ
〇ふかひれ

STEP3

両方に含まれているウナギやふかひれを毎日食べられればいいのですが、なかなか食べられないのが現実ではないでしょうか。

毎日の食事にプラスしてくわえていくだけで、肩の症状も少しは楽になると思います。

ブイヨンを使っている人は、たまには鶏がらからスープをとってみませんか?
とってもおいしいです!!
朝パンの人は朝ごはんに納豆の食事に変えてみませんか?
それになめことわかめの味噌汁が付けばもうムコ多糖類を3つも食べることができます。

ちょっとした食の変化で自分自身の健康をコントロールすることができます。
ただ食べたいから食べるのではなくて、自分の体が求めているものを知り、食べることが賢い食事のあり方だと思います。

肩こりの方は明日から是非試してみてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ