肩こりになりやすい人

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

肩こりの原因にはさまざまな原因があります。

その中には自分自身で改善できることもあります。

自分に当てはまる項目がないかチェックしてみてください。

STEP11. ストレスをためやすい人

精神的なストレスは、いつも緊張しているために、肩や首の筋肉が硬くなっています。
辛い時など、首をうなだれた姿勢をとってしまうし、姿勢も悪くなってしまっているので注意です。

STEP22. 自律神経のバランスが乱れている人

不規則な生活やストレスによって、自律神経のバランスが乱れてしまうと、肩の緊張を調節することもできなくなり、肩こりの原因となってしまいます。

STEP33. 睡眠不足の人

寝るときは肩の筋肉がほぐれ休息できますが、その時間が少なくなってしまうと常に緊張した状態が続いてしまいます。
よく寝て、肩の疲労物質を排出させましょう。

STEP44. 冷え症の人

寒い時に肩をこわばらせたり、縮こまった姿勢をとったりしてしまいます。
この動きによって筋肉が緊張し、肩こりを招いてしまいます。
また、冷えによって血流も悪くなりますので、肩がより一層硬くなってしまうのです。

STEP55. 痩せすぎている人・太りすぎている人

やせすぎの人は筋肉がついていないために、ちょっとした負担で肩こりになってしまいます。
太りすぎの人は腕に脂肪がついているので、肩や首への負担が増え、肩こりが起きやすい状態になっています。

STEP66. 噛みあわせが悪い人

噛みあわせが悪いと、とちらか一方ばかりで噛んでしまう傾向があります。
そうするとあごの筋肉のバランスが悪くなり、筋肉の疲労が首から肩に伝わって肩こりがおこりやすくなります。

STEP77. 内臓に問題のある人

胃もたれや食べ過ぎ、腹痛、ぜんそくなど内臓の問題を抱えている場合は、前かがみになる姿勢をとることが多くなり、そのために、筋肉の疲労や首の神経の圧迫をまねき、肩こりになりやすくなってしまいます。

STEP88. 姿勢が悪い人

どの項目にもでてきましたが、姿勢を悪くするということが最大の原因だといえるでしょう。
常に姿勢を正しくする意識を持ちましょう。

STEP99. 同じ姿勢を続けている人

8に同じですが、仕事などで同じ姿勢をしなければならない場合もあるでしょう。
そんな場合にも姿勢を意識して、姿勢をすっとのばして作業するように心がけましょう。
それでも姿勢が悪くなってしまうなら、一度席を立ったりして、別の作業をするか、少し軽い運動などで気持ちを切り替えるといいでしょう。

STEP1010. 頭が大きい人

これはどうすることもできませんが、やはり頭が大きい分だけ肩への負担は仕方ありません。
頭が大きいことで肩こりを感じる方は、なるべく頭をあずけてたり、横になったりで、頭の重さを感じない姿勢をとり、リラックスする時間を作りましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ