金沢に住んで8年になります(*^_^*)金沢は不思議な魅力のある街

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

金沢の玄関口である金沢駅…降りると不思議な形の門が見えてきます(*^_^*)

東広場には金沢を訪れる人に差し出す雨傘をイメージし、おもてなしの心を表わしたガラスのドーム「もてなしドーム」があります。地下には情報コーナーやイベントスペースがあり、多彩な催しが行われているので事前に調べておくと楽しめます。
先日はクラッシック音楽とオペラを無料で鑑賞しました♪

不思議な門とは、伝統芸能に使われる鼓をイメージした「鼓門(つづみもん)
」のことです。金沢のシンボルとして親しまれています♪

金沢は伝統芸能があるかと思えば、辻口シェフのケーキやポール・ボキューズの料理が食べれたりと不思議な場所です。

辻口さんプロデュースショップ→http://www.kagaya.co.jp/le_musee_de_h/#/menu/
ポール・ボキューズ→http://www.paulbocuse.jp/jardin/

STEP1

金沢城と兼六園では『加賀百万石 金沢城・兼六園四季物語』というテーマでイベントが春には百万石菓子百工展、夏には金沢城おまつり広場、秋には中秋の名月観賞会、冬にはライトアップ冬の段などここでは書ききらない程の沢山のイベントが開催されています。

石川の四季観光キャンペーン実行委員会(石川県観光推進課内)作成ページ
加賀百万石 金沢城・兼六園四季物語→http://www.hot-ishikawa.jp/shiki/index.html

『百万石まつり』は毎年利家公が誰なのか…と話題になります。もともとは江戸時代に行われていた『百日祭り』をもとに昭和27年から『商工まつり』としてはじまりました。


私の最近お気に入りのコースは卯辰山を通り金沢城、兼六園を眺めながらのドライブです。季節によって色々なお花が楽しめます。お茶をしたくなったときには、その日の気分でしいのき迎賓館内のポール・ボキューズか近代美術館にある辻口シェフのお店でお気に入りのスィートタイム♪21世紀美術館内のFusion21というメイプルハウスのケーキもお勧めです(^.^)先の御二方とは違いますが私は大好きです。

STEP2

Photo by chaco_65
お茶を飲んでお腹をこなしたくなったら兼六園・金沢城を散策するのですが…最近マイブームの金澤神社へ必ず参拝します(*^_^*)とてもご利益があるとのことです。そのせいかこの間も福引に当たりました♪年末を狙っていたのですが欲深すぎたのでしょうか…今の私に分相応ということなのでしょうか…

神社でお祈りをする場合、手を洗い、口をすすぎお賽銭をしてから2礼2拍手1礼をします。賽銭箱の前にお祈りの仕方が書かれているので忘れても大丈夫です。そのあと『夢牛』をなでて帰ります。初詣の時は凄い長蛇の列で普段と様子が違い驚きました。受験生が多くいました。

金澤神社ホームページ→http://kanazawa-jj.or.jp/03.html

*金澤神社のパワースポットは金澤の名前の由来になった金城霊沢です。

STEP3

金沢にきて驚いたことは冬の雷です。冬になると雷鳴がとどろき家全体が共鳴をして揺れるのです?(◎o◎)/!おらは東京生まれの東京育ちなので『雷』と聞くと夏場の夕立の稲光と雷光そしてどしゃぶりの雨を想像するのですが…

金沢では冬場のこの雷のことを『ぶりおこし』といいます。富山にも8年程在住していたのですが、やはり富山でも『ぶりおこし』といっていました。北陸地方では冬の到来を告げる雷のことをそう呼ぶようです。

『ぶりおこし』という雷は激しい風雨とともにあられやヒョウが降ってくることが多く、そろそろタイヤ交換しなくては…と冬仕様へ(*^_^*)漁師の人には寒ブリの漁開始の合図のようです。

北陸では冬場、雷が本当によくなります。今は慣れましたが初めのころは驚きました。今晩も雷鳴がとどろいています…きっと明日は雪が降るのでしょう…

まとめ

金沢の街はコンパクトなので季節によっては徒歩やレンタルサイクル等を利用したり周遊バスを利用したりすれば沢山の場所を回ることができます。

神社で神様にお祈りをするときには『○○をお願いいたします。』ではなくて『○○をありがとうございました。』とすると効果的とのことです(^.^)

本当かどうか信じる者は救われる?お試しください(*^_^*)

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

冬場は温度調節のできる服装で♪ (足元からかなり冷え込みます!!)

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ