もしもの時に役に立つエンディングノート

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:208
  • ありがとう数:0

はじめに

年齢を問わずに、エンディングノートつまり遺書を残す人が増えているそうです。

エンディングノートとはどんなものでしょうか。

STEP1

死の時を意識して欠くというよりも、万一事故などにあって自分が動けなくなった場合の備忘録としての使い方が一番重要なようです。

・加入している保険のこと
・預貯金のこと
・クレジットカードや支払いのこと
・大切な連絡先

多くのご家庭の場合、奥様がこれらのことに当たっている様ですが、万一出先で交通事故にあった場合、明日からの生活を考えると、病室で寝てもいられない状態になりますね。
それに備えるためのノートです。

STEP2遺書としてももちろん使えます。

・自分のお葬式はこうして欲しい
・お墓はこうして欲しい
・訃報を知らせて欲しい人の名前
・お世話になった方への感謝の意
・残された家族への思い

などなどさまざまに書き残すことができます。

日々の生活の整理をするという意味でも、エンディングノートは役立ってくれそうです。

STEP3手持のノートで、作成しても構いません。

市販されたエンディングノートを活用すると、要点をまとめられて記入しやすくなっていますので、便利に使えます。

まとめ

エンディングノートは、遺書ととらえるよりも、清く生きるための整理帳といえるのではないでしょうか。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ