受験生にも役立つ!香りで記憶力・集中力をアップさせよう!

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

香りには勉強や仕事の能率を上げて、忘れかけていた過去を思い出させる力もあります。 香りを味方につけて、能力アップをはかってみませんか?

STEP1

記憶の場合、内容を覚えたい本があったら、それを読む時になにか香りを流してみましょう。普段はかぐことのないはっきりした香りがいいです。
あの本の内容を思い出したいときにその香りを流せば思い出しやすくなります。

STEP2集中力アップにも香りは大変有効です。

実験では、「松や杉、桧などウッディ系」の香りを流したとき、香りのないときより集中力がアップし、「バラやラベンダーなどフラワー系」の香りではもっとアップした結果が出たそうです。

STEP3

疲れていたらウッディ系の香りで集中力を戻し、緊張しているときはフラワー系の香りで神経を休ませる使い方もあります。
勉強や仕事に飽きてきたときのために、好みの香りの瓶をそばに置いておくといいですね。

まとめ

シチュエーションによって香りを使い分けるとより効果的ですよ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

好きな香りの香水など

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ