古典のテキストを選択する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:192
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
古典の研究では、テキストを選ぶことが大切です。

STEP1①写本の系統

原本が残っていればよいですが、
古典では大抵写本しか残されていません。

しかし、写本は系統ごとに大きくことなる場合があります。
特に、上代、中古の作品は、
写本の系統も多岐にわたる場合があります。

そこで、どの写本が最も信頼性があるかを考えなければなりません。

STEP2②大系本、全集本

しかし、現在はわざわざ写本を見なくても、
大抵のものは翻刻をしてくれています。

また翻刻の上、ある程度校訂もしてくれている場合があります。
有名なものが、岩波書店の大系本、小学館の全集本です。
基本的にこの二つをみるとよいです。

STEP3③大系本、全集本の定本の違いをみる

①で述べたように、写本には系統があります。
そこで、ある系統の写本を定本として、大系本や全集本もできているのですが、
両者が異なったものを定本にしている場合があります。
そのため、両者で解釈が大きく変わっている場合があります。

そこで、確実性が高いものを定本にすると良いです。
ただ、いずれもトップの研究者によって編纂されていますので、
最初のうちは使いやすいほうを選ぶだけでも大丈夫です。

まとめ

細かい語にこだわる研究をする場合などは、写本もあわせて参照しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

大系本、全集本

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ