厄払いにお勧めの四国の神社。

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:7857
  • ありがとう数:0

はじめに

厄年にはさまざまな悪いことが起きるとされています。
迷信と言う説もありますが、厄年にお参りをし、精神上健康でいることも大事ではないかと思います。
ここでは、四国の厄払いにお勧めの神社をご紹介したいと思います。

STEP1厄年は男性女性で違う。

一般的に厄年は数え年で表記されることが多いようです。
男性は25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳とされています。
その前後の一年が前厄、後厄となり訳です。
特に男性の42歳、女性の33歳は大厄とされ、特に警戒が必要と言われています。

STEP2四国の厄除け神社。

四国では徳島県海部郡美波町にある薬王寺(四国八十八箇所霊場第二十三番札所)、愛媛県今治市菊間町にある遍照院が良いとされています。
前厄、本厄、後厄と合わせて3回行くと良いと言われています。

STEP3せっかくなので観光も。

徳島県海部郡美波町は門前町として賑わい、NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」の舞台にもなるなど、アカウミガメが産卵に訪れる全国でも珍しい場所です。
愛媛県今治市菊間町は屋根瓦「菊間瓦」が有名で、今治市はタオル工業が有名で広島県と橋でつながる「しまなみ海道」があるなど、観光スポットでもあります。
厄払い後に観光スポットを回るのも楽しいかもしれません。

まとめ

厄を落として精神上健康になることで、日々の生活も安心していけると思います。
思い立ったら厄払いに出かけて観光もして気持ちを新たにしてみましょう。

参考サイト:厄年-Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%84%E5%B9%B4

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ