地震について考えてみませんか?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2970
  • ありがとう数:0

はじめに

地震から家族を守るには、あらかじめの準備が大切です。
日ごろから家族で話し合い、
家族それぞれで、
やるべき事を確認しておきましょう。

いざという時に
役に立ちます。

STEP1まずは、決めておいた方がいい事や

やっておいた方がいい事があります。

①家族がバラバラに被災した時の集合場所を決めます。
②連絡手段(携帯電話・メール・非常用伝言版・手書きメモ・etc...)を、
 確認しておきます。
③家の中でどこが一番安全な場所なのかを確認しておきます。
④家を出て避難する時の道順を確認し決めます。
⑤家族の役割分担を決めておきます。
 (幼児・高齢者の世話、誘導方法など)
⑥非常用持ち出し袋の中身・保管の場所を確認しておきます。
⑦学校・職場からの自宅までの徒歩で避難の道を歩いてみます。
⑧時間帯ごとの被災シュミレーションを考えます。
⑨庭などにテントを張り、避難生活を体験しておきます。

STEP2家具の固定をしておきましょう。

家屋の倒壊、家具による圧死・傷害は地震災害の9割以上です。
あらゆる家具の揺れ方を想定して、
家具は固定金具で固定しておくといいです。

家具の置く場所も、
地震を想定してなるべく安全な場所に置くと
いいでしょう。

STEP3もしもの時の非常持ち出し袋のチェックリストです。

○携帯電話・携帯充電器(手巻き式などあればいいです)
○通帳、運転免許証、健康保険証、証券類
○印鑑(通帳と印鑑は別々に保管しておきましょう)
○家の合鍵、車の鍵
○現金(10円、100円など小銭も用意しましょう)
○500㎖ペットボトル(2本程度、避難所では水は入手できる事が多いです)
○非常食(コンパクトで調理不要なものがいいです。お菓子などでもいいです)
○小型ライト(夜の避難では必ず入ります)
○ラジオ(手巻き充電式がいいです)
○マスク(煙が防げる物にして下さい)
○生理用品(メガネやコンタクト用品なども用意するといいです)
○衣料品(常備薬、消毒液、絆創膏、ガーゼなど)
○使い捨てカイロ
○サバイバルシート
○ヤッケなど防寒着

まとめ

一年に一度でいいので
地震について家族で話し合う日を
作るといいと思います。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

地震について 日ごろから家族の為に考えておく。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ