公園でのおもちゃの貸し借りトラブル防止

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:356
  • ありがとう数:0

はじめに

公園、特に砂場では自分の家から持ってきたおもちゃと他の子のおもちゃが混在していますよね。
仲の良いお友達ならいいのですが、そうでない子でも子供は誰彼かまわず人のおもちゃを使いたがるものです。
また逆もありますね。
そんな時、トラブルにならずにまた人付き合いの疲れが出ない方法です。

STEP1

まず、おもちゃの貸し借りの前に「貸して」という言葉があればいいのですが、小さい子だと話せない子もいますし、少し歳が進んでも言い出しにくい性格の子もいます。あまり礼儀にうるさくなるよりも「一緒に使おうか」「一緒に使っていい?」と大人が少し口ぞえしてあげればいいですね。

STEP2

遊びも進んでくれば、誰が誰のものか分からずに、貸し借りの断りをタイミング的にできないままに遊んでしまう場合もあります。こういう時は遊びが終わって帰るときや相手の子が帰るときに「貸してくれてありがとう」「一緒に遊んで楽しかったね」と伝えるとスムーズです。

STEP3

子供のおもちゃはよく似た形状のものが多いので、小さなスコップひとつでも名前を書いておくとトラブルの回避になります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ