子どもの担任の先生と上手く付き合う方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

子どもの担任の先生と上手くコミュニケーションが取れない方は試してみてください。(小学生までで実行可能)
段々と先生の本音も聞けるようになります。

STEP1子どもの連絡帳に先生への手紙を書きます。

新学期、参観日や行事の後などの要所では、もちろん。
その他でも体調が悪い時や気になる様子のあった時など、とにかくこまめに書きます。

STEP2

この時に、先生を非難するようなことを1番に書いたりしてはNG。
お礼や、お願いという態度で行きましょう!
また、絶対に電話はしては駄目です!
手紙は手の空いたときに返事ができますが、電話は相手の予定に関係なく時間を取ります。

STEP3手紙を書かれると返事をしないわけにはいきません。

何度かやり取りしている内に自然と我が子に余分に目が行くようになります。
そうすれば、大丈夫。
懇談の時などに、先生の本音なども聞いてみましょう。

まとめ

最初の内は、先生を非難するような言葉は絶対にタブーです
その内徐々に本音を言いましょう
電話は効果半減どころか10分の1です

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

手紙を書くペンとこまめな心遣い

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ