「年下の上司」「年上の後輩」とうまくやっていく方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

転職や中途採用、成果主義が広がり、「上司が年下」「新入社員が年上」という状況も増えてきています。年齢の上下と職務上の上下関係が一致しない場合、どう付き合えば良いでしょうか。

STEP1仕事の場では、年齢よりも職務上の上下の方が優先されます。

年齢は関係なく、先に入社した人が「先輩」です。
職務上の上下関係(例えば課長と部下のような)があるのなら、なおのこと、年下の上司にも、年上の上司と同じ敬意をもって接します。

STEP2

年上の後輩が入ってきた場合も、ほかの後輩と同様に接するので構いません。
ただ、自分より長く生きている人に対し、それを敬うことも大切なことです。会社で自分が先に入社したからといって、横柄な物言いをするのは、器が小さい行為でみっともないものです。

STEP3

年齢差がある場合、お互いにはじめは「年上である」「先輩である」ことに敬意を払って、敬意を持って接し合うことがベストです。親しくなって同世代ならではの気安さが出てくるのなら、それはお互いの信頼関係が深まっている証なので、問題ありません。

まとめ

年齢にかかわらず仕事上の先輩は「目上の人」として接しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ