おにぎり弁当を色鮮やかにする方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

お弁当に便利なおにぎり。普通に作ると視覚的にイマイチなうえ、何の具が入っているかわからずロシアンルーレット状態…おにぎり弁当の見かけの変え方を紹介します。

STEP1

見た目を変えるなら、具を中心に入れて握るのではなく、混ぜご飯にして握るのが手っ取り早い方法です。海苔を巻かずに詰める方が見た目がきれいですが(この場合、海苔はラップに包んで弁当包みに同梱します)、巻いた状態で詰めたいときは、上に海苔の隙間を作るようにして巻いておけば見分けられます。

STEP2混ぜご飯おにぎりの例を以下に挙げてみます。

・豆ご飯おにぎり…茹でたグリンピースをご飯に混ぜ込む
・しらすおにぎり…シラスをご飯に混ぜ込む。好みで青じその千切りも加える
・しそふりかけおにぎり…しそふりかけをご飯に混ぜ込む
・鮭フレークおにぎり…焼き鮭を細かくほぐしてご飯に混ぜ込む
 ※鮭の身が大きめだと食べるときにくずれやすいので注意
・梅鰹おにぎり…梅干しを叩いて鰹節と混ぜ、ご飯に混ぜ込む
・ごま塩おにぎり…黒ごまをご飯に混ぜ込む

STEP3

ご飯を炊いて具(ほとんど加熱調理のいらないもの)を用意するだけで、簡単・カラフルなお弁当にできます。時間がない日の幼児弁当や、華やかさを出したい行楽弁当に便利です。

まとめ

白・赤・緑の三色が入るとぐっと鮮やかさが増します。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ