ぼたもちとおはぎの違いを見分ける方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

粗いお餅をあんこで包んだあの食べもの、「ぼたもち」「おはぎ」、どちらでしょうか。

STEP1

「牡丹餅」「お萩」と漢字表記するとわかりやすくなるのですが、春のお彼岸(春分の日+前後の3日)に食べるのが「牡丹餅」、秋のお彼岸(秋分の日+前後3日)に食べるのが「お萩」です。春は牡丹が咲くから「牡丹餅」、秋は萩が咲くから「お萩」というだけで、実は同じものです。

ただ、今は1年を通して「おはぎ」というメーカーが多く、「おはぎ」の方がよく目に付く呼び名となっています。

STEP2

なので、見分け方としては、春のお彼岸用なら「ぼたもち」、秋のお彼岸用なら「おはぎ」ということになります。

「こしあんがぼたもちで粒あんがおはぎ」という説もありますが、これは小豆の収穫時期に関係があります。小豆の収穫は秋なので、秋に「おはぎ」を作るときは小豆の皮が柔らかく、粒あんが美味しく仕上がります。一方春に「ぼたもち」を作る頃には小豆の皮が固くなっていて、粒あんだと食感がイマイチ。そこで皮を取り除いてこしあんにしていたのです。
小豆の保存技術が発達し、春でも美味しい粒あんができるようになった今は、あまり意味をなさない分け方ですが、こういう説もあります。

まとめ

次の春分には、是非「ぼたもち」を用意してみてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ