年越し蕎麦、は、節分蕎麦、だった?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:313
  • ありがとう数:0

はじめに

年越し蕎麦、は大晦日のもの、と思っていませんか?

STEP1現在では、当たり前のように食べる【年越し蕎麦】

でも、実は、大晦日に食べる、という記述は、
江戸時代のものを見ても残っておらず、新しい風習
なんです。

STEP2では、何を【年越し蕎麦】と呼んでいたんでしょうか?

節分に食べるおそばのことを、年越し蕎麦、と呼んで
いたんです。

元々は、節分は季節の変わり目の日のこと。
季節が変わる、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを
さしていました。
なかでも、冬から春に変わる立春は、1年の変わり目、と
されていたのです。

ゆえに、節分に食べるお蕎麦が、年越しの蕎麦、ということで
位置づけられていました。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ