卒業論文・修士論文の査読色々

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

卒業論文・修士論文の査読について紹介します。

STEP1[タイプはさまざま]

・担当教員と1対1で向き合って発表
・担当教員と研究内容が近い教員が集まっているところに行って発表
・論文発表会があるパターン

1対1、それ以外でタイプがわかれます。
どういった種類なのかをまず調べてから臨みましょう。

STEP2[自分の研究を5分程度でまとめられるように]

自分の研究をまとめられるようにしておきましょう。
説明をするときにも役立ちますし、それ以外に質問をされたときにも役立ちます。

また、英語で発表しなくてはいけないときもあります。
対応できるようにしておきましょう。

STEP3[弱点は、質問されたとき]

みんながそうだと思うのですが、予想外のことが起こったときが一番弱いとき。
担当教員が質問したときに答えられる質問だったらいいのですが、そうでなければ焦ります。
でも、みんな、予想外のことが起きると弱いんです。

自分以外に同じ学部、同じ学科の人が乗り越えたんだと思うと、乗り越えることができます。

STEP4[質問されそうなパターンを考えておく]

逆に、担当教員、他の教員から突っ込まれそうなところを、カバーする答えを作っておくというのが一番です。

質問するにも、納得のいく結果の部分以外に質問が集まるのですから、そこの質問には、前もって答えを考えておきましょう。
それだけでも、余裕が生まれてきます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ