正しい言葉遣いを身につけさせる方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
子どもには、いい加減な言葉遣いをして欲しくないですよね。正しい日本語の言葉遣いを身につける方法です。

STEP1①新聞を読む

まず最も効果的なのは、新聞を読ませることです。
ただし小さい頃は読みづらい場合もあるので、
子ども新聞を読ませると良いでしょう。

小説などでもよいのですが、
そうした本では作家が独自の表現を使っている場合があり、
日常の正しい言葉を覚えるにはあまり向きません。

社会への視野を広げる意味でも、小さい頃から新聞に親しませると良いです。

STEP2②クイズの本を与える

最近はテレビでも、正しい漢字の使い方といった番組がありますね。

お子さんとそれを観ることでも、
ある程度国語力は身につくかもしれませんが、
いつでも読み返せるという意味では、
子ども用のクイズの本がよいと思います。

お子さんの意欲も引き出しやすいですし、
読みやすいのでいつでも読んでくれると思います。

STEP3③普段の会話をできる限り正しい言葉で

言葉の育成という意味では、
赤ん坊の頃から子どもは親の言葉を聴いて育ちます。

そのため、子どもは親と同じ言葉遣いをします。
子どもの言葉遣いは、環境に大きく左右されるのです。

よって、周囲の環境において、正しく言葉を遣うことで、
子どもの言葉遣いも正しくなります。

普段の家庭の会話でも、間違った言葉遣い、乱暴な言葉遣いは避けましょう。

まとめ

子どものおかれた環境によって、言語は育成されますので、言語育成のためによい環境を作りましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

子ども新聞 新聞

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ