就職活動を事前に体験する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:427
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
就活は社会に出るための一大イベントですが、学生の方にとっては初めての体験なので、戸惑うことも多いかと思います。それより前に、何となく雰囲気だけでも味わってみる方法です。

STEP1①ゲームで体験する

就職活動を擬似体験できるゲームが、
かなり昔に出されました。

その名も「就職ゲーム」です。
主人公が、大学四年生の夏から就職を目指すというストーリーです。

昔のゲームなのであまりゲーム性は高くありませんが、
就職活動を大まかに体験できます。
物好きな方はやってみてはいかがでしょう。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2-%E5%B0%B1%E8%81%B7%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/dp/B000068HI5/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=videogames&qid=1294141108&sr=1-1

STEP2②アルバイトする

大学では、ほとんどの人がアルバイトをすると思います。
アルバイトは、業界の内実をある程度見ることができるので、
しているのとしていないのでは、差がでます。

履歴書上では、あまりアルバイト経験が重視されませんが、
就活の際の業界研究の助けになるためです。
履歴書もより書きやすくなります。

また基本的なスキルも身につくので、アルバイトは積極的にしてみましょう。

STEP3③就職課に行き、先輩の就職体験記を読む

一番実践的な体験が、この方法でできます。

就活は、情報を沢山集めることから始まります。
つまり、情報を早く集め始めることが、就活の鍵になるのですが、
早い時期にこうした体験記を読んでおくと、
どういう業界があるか、業界の雰囲気、面接の方法など、
最も基本的な情報が入手できます。

つまり、この方法によってすんなりと就活に入っていくことができるのです。
気が向いたときにでも、ちらっと読んでみると良いでしょう。

まとめ

就活は、どうしてもつらいものですが、やりがいのあるものでもあります。焦らずに、しかし確実に準備しましょう。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ