会社で嫌われない後輩になる方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

会社にはいろいろな人がいます。相性の合う合わないもあるでしょう。でも、最低限「嫌われる」のだけは避けたいところです。

STEP1大原則は「謙虚であること」「人の話は素直に聞くこと」です。

新入社員は、学生時代にどんな華々しい活躍をしてきた人であっても、会社の戦力的にはゼロ。寧ろ、いろいろ教える時間・費用などコストがかかる存在です。

それでも会社が新入社員としてあなたを雇っているのは、いずれ会社の利益を担ってくれる可能性があると見込んでいるからです。目をかけてもらっていると思って、教えられたことは素直に聞き入れましょう。教えられたことに反発する、知ったかぶりをするのはもっとも嫌われる行為です。

STEP2

そして、リアクションをしっかりしましょう。教えられたことがわかったか、わからなかったか。わからないときでも「どこまでわかって、なにがわからないか」を伝えます。教えてもらって当然、ではなく、自分なりに考えたけれどわからない、という社員の方が、好感度は高くなります。

STEP3

どうしても合わない相手とは、必要最低限の仕事はできるよう、感情的にならずに接しましょう。上司・先輩であれば、どんなに無能に見える相手にも、自分にはない能力や経験があります。そういうところを探して「この点は尊敬できる」と思うと、そんなにイヤではなくなります。
自分に好意的な相手に、悪意を抱くことはあまりありません。「嫌われない」究極の方法は、「嫌わない」ことだといえます。

まとめ

謙虚に学ぶ姿勢を持っている方が、早くスキルアップできます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ