名刺交換をピシッとキメるコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:299
  • ありがとう数:0

はじめに

社会人ならではの行動に「名刺交換」があります。学生時代にはほぼやらないことだからこそ、新入社員にとっては難しいもの。きっちりキメるコツを考えてみましょう。

STEP1

まず、名刺交換以前に、名刺は名刺入れに入れて切らさないようにしましょう。鞄や服のポケットにそのままつっこんでおくと、渡す頃にはヨレヨレになってしまいます。相手が自分の連絡先を確認するたびに、ヨレヨレの名刺が出てくる…ってちょっとイヤですよね。相手も、ヨレヨレの名刺を出されたら、「自分はヨレヨレ名刺が相応だと思われている」と不快になります。

初対面だとわかっていて名刺を持たずに会うのも、失礼にあたります。「今後継続的に付き合うつもりはない」と、宣言しているように取られかねないからです。想定外の人数が出てきても大丈夫なように、いつも多めに持ち歩きましょう。

また、財布に名刺を入れるのもNGです。名刺交換のときに財布を取り出す場面を想像すると…おかしいですよね。

STEP2

名刺交換のときは、目下の側(お金をもらう側)、訪問者側が先に名刺を出します。
名刺は相手が名前を読める向きに出します。文字に指がかからないよう、名刺の上端をつまむように持ちます。

名刺交換は必ず立って行います。名刺交換は自己紹介も兼ねています。必ず「私○○社の■■△△と申します。よろしくお願いいたします」と、言葉を添えましょう。先方の名前の漢字が読めなかった場合、「失礼ですが、お名前は何とお読みすればよろしいですか?」など尋ねましょう。後で間違えて呼ぶ方がよほど失礼です。

STEP3

上司と自分とで取引先を訪問した場合には、まず上司と取引先の人が名刺交換をします。自分はその後です。「目下の者が先」というのは、あくまで「名刺交換で名刺を出す順序」のことであって、「名刺交換そのものに立つ順序」は上司を優先しましょう。

もし、「自分が事前に相手とコンタクトを取ったことがあり、上司はまったく初対面」という場合には、名刺交換の際に「私の上司の○○です」と相手に伝えるとスムースです。

STEP4

名刺を同時に交換する場合、お互い右手で自分の名刺を出し、左手で相手の名刺を受け取るようにすると、手が交差せずにすみます。同時交換の際、「目下の側が相手より低く名刺を出す」という法則がありますが、こだわるとお互いどんどん自分の名刺を下げていってしまって交換できない、ということになりかねません。程々で「頂戴致します」と引き取りましょう。

まとめ

名刺交換はビジネスの第一歩、ここで好印象をゲットできるよう頑張りましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

名刺 名刺入れ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ