作りすぎた料理を処分する方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
一人暮らしをしていると、作った料理が余ってしまうこともあります。しかし、捨てるのはあまりにもったいないので、適切に処分したいですね。

STEP1①冷凍保存する

おそらく、最も一般的な手です。
冷凍すれば、大抵のものは長期持ちます。

しばらくしてまた食べたくなったら、解凍して食べましょう。
米などは、ラップに包んで保存すると場所をとりません。

STEP2②真空パック

冷凍保存時に、真空パックを使うと、
冷凍庫のスペースを確保しつつ、長期保存ができます。

特に水気を沢山含んだ汁物は、タッパなどで保存するとかさばってしまいます。
そこで、冷凍して固形にした上で、真空パックをしましょう。

これにより、無駄な空間をなくせますし、
単なる冷凍よりも長い期間もちます。

STEP3

③スープ、食材を別に保存し、食べる時に組み合わせを変えて再度料理する。

①②の方法だと、料理をそのまま保存することで、
いつでもその味を楽しめます。

しかし、作りすぎてしまった料理は、
何日も食べると飽きますよね。

そこで、食べる時に一工夫して、アレンジしていくと
飽きないで食べることができます。

①②の方法で保存するとき、
具とスープなどを別にして保存しましょう。

これによって、そのまま食べたいときは具とスープを混ぜて食べればよいし、
飽きたときはその具・スープを、別な料理に流用することができます。

まとめ

ジップロックなどを準備しておくと、より便利です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

ジップロック 真空パック

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ