厄払いの知識

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

厄払いは年内に、年明け、節分までにといろいろと言われていますが、いつ行けばいいのか、いくら包めばいいのかなどを紹介します。

STEP1厄年とは

男性25、26、62
女性19、33、37が本厄でその前後が前厄、後厄になります。
普段使っている年齢は満年といい、厄の年齢はお正月を迎えた時点で年をとる数え年でいいます。
大厄は男性が42、女性が33で、人生で一番災難が降りかかると言われています。

STEP2

厄年とは本厄の年をさしますが、その前後の前厄に厄の前兆が現れ始め、後厄で厄が薄れていくと言われています。
3年間厄払いするのが望ましいです。

STEP3

地元の神社で充分ですが、有名な神社でしてもらうのも良いでしょう。
予約が必要な場合もありますので、確認してから申し込みしましょう。
料金は3000円から1万円程度です。

STEP4期間はお正月から節分の間にするのが良いとされています。

新しい年とともに厄も訪れるので、早めに払うのがいいということだそうです。

STEP5服装はフォーマルな服装かそれに近いスタイルにしましょう。

神殿の中では防寒具はとりましょう。

まとめ

必ずしも厄払いをしなくてもという考えの方もいますが、するに越したことはないかなと思います。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ