まだ間に合う年始のあいさつ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:198
  • ありがとう数:0

はじめに

年始のあいさつのマナーを紹介します。

STEP1上司や恩師の年始のあいさつですが、

1月7日が松の内とされていて、ひとつのくぎりとなります。
あいさつにうかがうならそれまでにすませましょう。
また、年賀状もそれまでに出しましょう。7日以降は寒中お見舞いとするのが良いマナーになります。

STEP2元旦は避けましょう。

家族でゆっくり過ごしたり、親戚の訪問、来客などが多いので避けましょう。

STEP3

相手が喪中の場合は年賀状もそうですが、年始のあいさつはやめておきましょう。
7日以降に、喪中を見舞うという名目で行くほうがいいです。

STEP4

手土産は必要ありませんが、手ぶらで行くのも・・・と思う方はちょう結びの熨斗紙に御年賀とします。
子どもさんやお孫さんがいらっしゃるのであれば、お年玉は準備していくべきです。

まとめ

長居は避けましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ