3D酔いを防止する方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
ゲームをやっていると、車酔いのような症状になることがあります。これを防止・克服する方法です。

STEP1①寝不足時にはやらない

寝不足のときは、脳と眼が疲れているため、
ぐるぐる回る画面を見つめていると、
処理能力がついていかなくなります。

現実世界と違う動きをするので、
3Dゲームはある程度の脳の処理が必要となります。
そのため、寝不足のときはゲームを控えましょう。

STEP2②部屋を明るくして

暗い部屋でやっていると、眼が疲れるだけでなく、
周囲が見えないため画面にのみ集中することになります。
すると、自分が回っているのか、
画面が回っているのかを、脳が判断できなくなります。

ゲームは、部屋を明るくし、画面から離れてしましょう。

STEP3③ゲームのカメラを固定する

ゲームのカメラ、視点人物の視点をできる限り固定することで、
酔いを軽減できます。

ゲームの視点と、現実の身体の動きと対応していないので、
酔いはおきます。
そこで、身体を同時に動かすか、
ゲームの視点を固定することでそのずれをなくせます。

ゲームのように動くのは難しいので、
ゲーム内の視点を固定すると良いでしょう。

まとめ

酔いどめも効きますが、まずは身体の調子を整えることが大事です。また、長時間やりすぎないようにしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ