錦糸卵をきれいに作る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:860
  • ありがとう数:0

はじめに

そうめん、冷やし中華やちらし寿司の具に欠かせない「錦糸卵」。きれいに作るにはちょっとしたコツがあります。

STEP1

錦糸卵は、見た目通り「薄焼き卵の細切り」です。卵を混ぜてフライパンで焼いて刻めばいいやー…と思っていると、意外ときれいにできません。卵が厚かったりぼこぼこしていたり、ひっくり返す際に破れたり。錦糸=錦の糸とは言い難い、ぼろぼろ卵になってしまいます。

STEP2コツ1:卵を丁寧にほぐす。できれば裏ごしする。

→黄身と白身が均一に混ざっていた方が、きれいに焼き上がります。

コツ2:卵液に水溶き片栗粉を少し混ぜる。
→卵が破れにくくなり、より薄く焼くことができるようになります。弾力が出て、切りやすくなる効果もあります。

コツ3:焼くときに油を入れすぎない。
→油が多いと、卵液を入れた途端膨らんだりはじけたりしてしまい、きれいなシート状に焼けません。卵液を入れる前に、余分な油をキッチンペーパーでふき取りましょう(※油をまったく敷かないと、これはこれで焼けた卵を剥がすのに難儀します)。

まとめ

どうしても作るのが難しいようなら、市販の錦糸卵に頼りましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ