世界史の人物名を楽に覚える方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
世界史では、長いカタカナ名の人が多いせいで、名前が覚えづらいことがありますよね。これを簡単に覚える方法です。

STEP1①物語として覚える

簡単なわりに、非常に覚えづらい名前の人っていますよね。
例えば、私はプトレマイオスという人が覚えづらかったです。

バスコ・ダ・ガマのような特徴的な人は覚えやすいですが、
こういうよくわからない名前の人については、
物語風に覚えましょう。

これによって、その人がやったことも一緒に覚えることができます。
自分で作ってみるとよいでしょう。

STEP2②替え歌を作る

①の物語ができたら、
次に歌にのせてみましょう。
自作でなくても、替え歌でよいと思います。

『古事記』など、昔の伝承は、本来全て暗誦されていたとされています。
これは、もともと共同体のうちで歌われていたため、
覚えやすかったためだと考えられます。

つまり、歌うとどんな長いものでも、暗記できるようになります。
覚えづらいものは、メロディーにのせて覚えましょう。

STEP3③ゴロあわせ

古来、古典や年代の暗記でやられている方法ですが、
人名においてもゴロ合わせによって覚えやすくなります。

例えば、こんなサイトもあります。
http://www24.atwiki.jp/worldhistory20/

また、自分で作ると、より楽しく覚えられるでしょう。

まとめ

世界史は暗記系科目ですが、長い歴史の中にはドラマも沢山あるため、余裕のあるときには、雑学的なことも学ぶとより楽しめます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ