就活での名札の作り方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
就職活動のセミナー、面接、グループワークなどで、名札を作ることってありますよね。そんなとき、失敗しない方法です。

STEP1①振り仮名をふる

必ず、漢字の名前の上には振り仮名をふりましょう。

これによって、見た人がすぐ名前を読めるだけでなく、
人事の人の好感度もあがります。

といっても、今はふるのが普通にもなっていますので、
むしろふらないと怒られるかもしれません。
かならず振り仮名をふりましょう。

STEP2②大きな文字で

名札にかぎらず、
名前は大きな文字で書きましょう。

就活で最も大事なことは、名前を覚えてもらうことです。
そこで、名札は重要なわけですが、
みたたけで目を引く名札を作ることで、
人事の人にも覚えてもらいやすくなります。

名前は可能な限り大きく書きましょう。

STEP3③色を使う

白黒な名札は、クールな感じを与えますが、
一方で色をつけると華やかさが増します。

例えば、名前の下に赤線を一本ひくだけでも、
目を引くことができます。

書けといわれて、用意されたペンの中に色ペンがあったら、
ワンポイントとして使用すると良いでしょう。

ただし、あまり沢山使うと、子どもっぽくなってしまいます。
ビジネスであるということを踏まえつつ、
良い意味で他の人よりは目立つようにしましょう。

まとめ

まずは人事の人に、顔と名前を覚えてもらうことを目指しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ