ヴィーナスは××××から誕生した!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:258
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hana-haha
アプロディテこと愛と美の女神ヴィーナスは、何から誕生したのかご存知でしょうか?

STEP1

ヴィーナスと言えばフランス パリ・ルーブル美術館の“ミロのヴィーナス”が思い浮かびます。また、イタリア フィレンツェ・ウフッツィ美術館には、その名もずばりのボッティチェリの名画“ヴィーナス誕生”が有名です。貝殻に立つヴィーナスは美しいです。モデルは当時のフィレンツェでNo.1の美女といわれたシモネッタ・ヴェスプッチといわれています。

STEP2

この愛と美の女神ヴィーナスは、貝殻でなく男性の××××から誕生したのです。
古代ギリシャ神話は、ガイア(大地)が現れたことから始まります。ガイアがウラノス(天空)とポントス(海)を生み、ガイアはウラノスとの間に多くの神を授かります。ところがウラノスは、わが子である一つ目のキュプロスと、100本の手と50の頭を持つヘカトンケイルの醜さに驚き深く閉じ込めます。怒った母ガイアは、末っ子のクロノスに復習を指令し、クロノスはウラノスの男根を切り取り海に投げ入れてしまいます。この時、海からたった泡から誕生したのがアフロディテ(英語名ヴィーナス)なのだとか。ボッティチェリの名画の前のシーンは、余り想像したくないですね。

STEP3

そして、このヴィーナスは美しいと評判で、数々の男神に求婚されます。選ばれたのは男神の中で最も醜いヘパイヌトス。しかし、結婚してもヴィーナスは多くの男神や人間と浮気を繰り返すのです。だって・・・愛と美の女神ヴィーナスには「恋」が生きる糧ですから!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ