魚の上手な食べ方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by k_hirasawa
魚をきれいに食べる方法

STEP1

頭というかエラぶたのやや右、身が始まるあたりの中心に箸を入れます。

STEP2

それから右に向けて、背側と腹側の身を分けるつもりで箸を動かしていきます。(上下の身の境目に箸を入れれば、抵抗なく進んでいくはずです)

STEP3

最初に箸を入れたあたりに戻って、そこを上下に開きます。(背側は骨としっかりくっついているわけではないので、簡単に外れるはずです。腹側には細い肋骨が何本も斜めに入ってますが、肋骨の角度に合わせて箸で身を押してやれば、するっと骨が抜けていきます。)

STEP4

あとは頭を持ち上げれば、背骨と尻尾がくっついてきて、簡単に下側の身が現れます。(この部分は正式なマナーには引っかかるかもしれませんが、たぶんそんなに汚い食べ方ではないはずです)。

まとめ

・魚の身はほぐれやすいので、身を外したらあまりつっつき回さずに食べてしまわないと細かいかけらが残ります ・皮が硬くて箸では千切れなさそうだと思ったら、箸でつまんで剥がしてしまったほうが楽です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集

ピックアップ

ページ先頭へ