ディルの育て方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by momomaru2002
夏に育てることができるのはトマトやピーマン、トウモロコといった伝統的な果物や野菜だけではありません。オレガノやタイム、ディルといった便利 で香り高いハーブも育てることができます。ディルは寒さに弱い1年草で、夏に最も成長が活発になります。しかし、暖かいキッチンの窓辺などの室内 では1年中育てることもできます。収穫したディルはスープやサラダ、パン、調味料などに利用できます。

STEP1

種蒔きは、霜の心配がなくなった頃が最適ですが、室内ではいつでも撒くことができます。屋外に直接種を撒く場合は、十分な日光が毎日8時間当たる 場所を選びましょう。春以外や寒い地域で種を撒く場合は、芽が出るまで植木鉢を室内に置いておきましょう。

STEP2

ディルは保水性と排水性、栄養分に富んだ土を必要とします。排水性の良い土と有機堆肥を同量配合したものがいいでしょう。水分過多になるのを防ぐため、水抜き穴のある植木鉢を使用します。

STEP3

植木鉢なら12~25cm、屋外の庭なら25~30cmの間隔をあけて種を撒き、0.5cmほど土をかぶせます。

STEP4

乾燥を嫌うので、土が乾きすぎないよう水やりはこまめに行ないましょう。屋外に植えた場合は夏の間に1度、植木鉢なら4~6週間ごとに液体肥料 (N-P-K=5-10-5)を与えます。生育の適温は15~21度で、8時間ほど日光に当ててあげましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ