自由の女神のたいまつは何のためか?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by momomaru2002
自由の女神像の右手にあるたいまつは、オリジナルの物ではありません。
かつては、ニューヨーク周辺の港に寄港する船のための灯台の役目を果たしていました。
現在のたいまつには発電機が備えられ、250ワットのハロゲンランプが組み込まれています。
1886年当時のオリジナル品は記念館のロビーに展示されています。

STEP1意味

自由の女神像は、自由と友好のシンボルとされています。
右手のたいまつの本当の意味は、設計者であるフレデリック・バートルディの頭の中に歴史とともに埋もれています。

STEP2多すぎる変化

たいまつは、元々は銅で作られ、何度も修理や作り替えを重ねるうちにその意味が忘れ去られたと言われています。
1986年には、再び銅で作られ表面は保存のために金でコーティングされました。

STEP3感動的な話

像には1883年にエマ・ラザラスによってロードスの巨人の物語が彫られ、次の一節で終わっています。
「嵐よ、恵まれない者たちを私のもとへ寄こすがよい。黄金の扉などはない。だがこのランプを彼らのために掲げよう。」

STEP4たいまつ

「神の灯」とも言われ、他者を支配するのではなく、受け入れる心が大切であることを表していると言われています。
それを持つ女性は自由を広める存在、また追放された者を受け入れる母として知られています。

STEP5おもしろい事実

かつてアメリカは「移民の国」と呼ばれましたが、現在では急速に発達した法システムが、できるだけ彼らを受け入れまいとしています。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ