料理をする時の、下ごしらえの方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:203
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ariccyo
いろんな料理に対応できる下ごしらえの方法を教えます。

STEP1☆海鮮の下ごしらえ☆

3カップのお湯に塩・サラダ油各小さじ1を入れて、さっと湯がきます。具は最後にさっと混ぜるだけなので、先に火を通しておくことが肝心です。ただし、既に火が入っているものは必要ない。

STEP2☆野菜の下ごしらえ☆

レタスなどのシャキシャキ感が大切なものは火を通しません。火が通りにくいものは海鮮と同様に塩、油を入れて湯がきます。

STEP3☆肉の下ごしらえ☆

肉類は卵だれに漬ける。溶き卵と片栗粉、紹興酒(日本酒でも可)各大さじ2に、塩コショウ少々したものに、お肉を30分ほど漬けてから炒めます。こうすると、うま味が閉じ込められてチャーハンによく合うお肉になります。

STEP4☆漬物の下ごしらえ☆

漬けものは水分を多く含んでいるので、よく炒めておきます。こうすることでご飯がベチャベチャになるのを防ぎます。

まとめ

どんな料理も、下ごしらえが肝心☆

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

それぞれに対応したものを使ってください!!

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ