禁煙を継続させる方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

禁煙したいと思ってもはじめるにはなかなか勇気ですが、これからの健康のことを考えてはやめにトライしてみましょう

STEP1「○○日から禁煙する!」と決める。

開始日は1週間以内の設定にしましょう!

開始日までは、つねにタバコのことを考え、禁煙をはじめたときのイライラやつらさなどを想定してビクビクしまうかもしれませんが、それはそれで大丈夫です。

むしろ色々想像していたほうが後の苦しみを和らげるかもしれません


また友人、家族、恋人に必ず宣言しましょう!

STEP2

禁煙開始前日はなるべく喫煙数を減らして夜中の12時前に最後の一本を「美味しくない」と思い込みながら、吸い終えて寝ます。

最後の一本を吸い終わったら、部屋やかばんにあるすべてのライターや吸いかけのタバコ、携帯灰皿もビニール袋にまとめて捨てる準備をしておきます。

STEP31日目

むちゃくちゃタバコが吸いたくて、多分なにをやっててもタバコのことしか頭にない常態になるので、好きなスポーツをしたり、本を読んだり、できることならこんこんと眠りについてください。

一日目が一番辛い・・・・・

これさえのりこえれば・・・と何度も繰り返してください。

もし吸いたくなったら、タバコを吸っているかのように大きく深呼吸します。

そして負けそうになったら、このさき禁煙を宣言した友達に呆れられ、意思が弱い人間だとさげすまれている自分を想像してください

STEP42日目

本当に2日目のほうが身体的にはしんどいです。

一日目の精神的なしんどさをのりこえた自分を思い出し、
ここで負けたら一日目のあの苦しさはなんだったんだと思ってください。

身体からニコチンが消えていっているので、禁断症状のように物事に集中できなかったりしますので、可能なら学校や会社を休んだほうが無難でしょう。

どうしてもつらいときにのみ、ニコチンパッドを使ってください

STEP53日目

ここまできたら、1日目、2日目の辛さに比べたら全然対処可能な辛さになります。

それでもタバコを吸いたい衝動は大きなものがあるので、つねに、「自分は昨日の辛さすら乗り越えたんだから」と言い聞かせます。

STEP64日目

肌のはり、潤いが実感でき、健康になってきている自分に気づきます。

気づきがあればもう大丈夫!

どれだけタバコが健康の害になっていたかを実感として感じられたら
吸いたいという気持ちを抑えるだけのモチベーションになるでしょう。

まとめ

さぁ、いますぐタバコを捨てて 健康な身体を手に入れましょう!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ