利掛けと利ざやの計算方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

利掛けと利ざやは企業が利益性を最もよくするように値決めをするのに使用する尺度です。利掛けは販売価格となるよう製品又はサービスの原価に上乗せする額で、利ざやは販売価格と原価の差額ですから、言い方が違うだけで実質は同じです。実業家は値決めに通常利掛け方式をとりますが、市場での製品の利益性を追求・分析・向上するにはより便利です。

STEP1

利掛けや利ざやを計算するには先ず製品の原価を知る必要があります。原価は商品又は材料に支払った金額と加工に要した工賃を含みます。破損等による追加費用もまた原価の一部と考えられます。

STEP2

製品から上げたい利益率をコストに掛け、その結果を、販売価格となるよう原価に足しましょう。若し原価が10ドルの商品に、75パーセントの利掛けをするなら、利掛けのドル価は10ドルの0.75倍(75パーセント)、即ち7.50ドルです。これを原価に足すと販売価格の17.50ドルになります。企業化は利掛け率を決めるのに色々な方法をとりますが、全ての場合原理は同じです。

STEP3

販売価格から原価を引いて利ざやを出しましょう。例えば、商品の販売価格が25ドルで原価が15ドルとすると差額は10ドルで、これを25ドルで割ると利ざやは0.40となります。利ざやは,販売価格の原価を超えた部分で、通常パーセンテージで表されるので、100を掛けます。この場合利ざやは40パーセントとなります。

まとめ

時には、既に値段が付いた商品のドル価から利ざやのパーセンテージを逆算したいこともあるでしょう。そういうときは販売価格から原価を引いて、原価に上乗せしたドル価を出し、原価で割って100を掛ければパーセンテージが出ます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ