タスクマネージャの起動制限方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by k_hirasawa
Ctrl+Alt+Delで使用可能になるタスクマネージャを使用禁止にする方法

STEP1

『Windows』キー+『R』キーを押します(『ファイル名を起動して実行(R)...』を出現させる)。

STEP2

『regedit』と入力して『Enter』キーを押します(レジストリ・エディタを起動します)。

STEP3HKEY_CURRENT_USER

└Software
 └Microsoft
  └Windows
   └CurrentVersion
    └Policies
     └System
のファイルを開く。

STEP4

『Policies』キーの場所で 『System』キーを作成します。
作成方法は、右メニューで『新規(N)』→『キー(K)』を選択して『System』にリネームして下さい。

STEP5

その後に『System』キーを開いて、『DisableTaskMgr』という名前の値を作成します。
 作成方法は、やはり右メニューで『新規(N)』→『DWORD値(D)』を選択して『DisableTaskMgr』にリネームして下さい。

STEP6

その後、『DisableTaskMgr』をダブル・クリックして『値のデータ(V)』に『1』をセットして『OK』ボタンを押します。

STEP7

ここまでの作業が出来たらば、設定を反映するためにパソコンを再起動して下さい。

まとめ

上記の設定をすると『DisableTaskMgr』という名前を削除するか、値を『0』に変更するまで『タスク・マネージャ』が利用できなくなりますのでよく理解して下さい。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ