大人からはじめる国語の勉強

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2215
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
国語・日本語の正しい使い方って、なかなか難しいですよね。
大人になってからでもできる国語の勉強方法です。

【お悩みについて専門家に非公開質問も可能です】

http://okguide.okwave.jp/guides/76884

学習相談、進路進学指導の専門家、佐藤先生への非公開質問はこちらから


 ●既にOKWAVEにログインしている方はこちらから

 https://okwave.jp/profile/u2829815.html?&slp=201802

 ●OKWAVEに新規会員登録をしたのち、質問する方はこちらから

 (メールアドレス、Twitter、Facebookのアカウントで登録できます)

 https://okwave.jp/register

STEP1①辞書を買って自宅に置く

国語の勉強には、辞書が必要です。
近年漢字検定が流行って、普段使わないような漢字まで覚える方がいますが、
自宅に一冊辞書があれば、膨大な時間をかけて覚えなくても
すぐに調べることができます。

持ち運びできる辞書・電子辞書があればなお便利でしょう。
語彙を増やすことも、辞書を頻繁に調べることによって可能です。

しかしまずは、日常の言葉を正確に使うことを心掛けましょう。

STEP2②言葉のプロの本を読む

例えば、有名な所では金田一春彦さんは言葉のプロですね。
私も最近、実家に金田一氏の『言葉の歳時記』(新潮文庫)という本を見つけ、
暇な時間に読んでいます。

言葉に対する豊富な知識をもとに、日常的な言葉を解説した書ですが、
難解な部分も全く無く、非常に読みやすいです。

勉強できる時間が限られている場合は、こうした手軽な文庫本などを
暇なときにさっと読むだけでも、十分勉強になります。

STEP3③子どもに教えながら、自分も勉強する

子どもに言葉を教えるのは、予想以上に難しいものです。
例えば、

・私は明日友達の家に遊びに行く。
・私は京都へ行った。

どちらも小学生レベルの文ですね。
この二つの文は、どちらもある場所へ向かう意味ですが、
では、「に」と「へ」の違いをわかりやすく説明しろ、といわれても、
ぱっと上手く説明することは難しいですよね。

教科書を見ながら、子どもと一緒に勉強することで、
正しい国語を大人も身につけていくことができます。

まとめ

なんと言っても楽しく勉強するのが一番です。たとえ必要に迫られていても、楽しく学んでみましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

辞書 教科書 本

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ