ギター・ベースを演奏していてノイズがなった!ときは

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
ギター・ベースのエレキ系楽器を演奏していて、なぜか突然ノイズがなったことはありませんか?

STEP1①シールドをかえてみる

ノイズが入るということは、
どこかで不要な電気が入り込んでいる可能性があります。

シールドはそうした混入をさけるためにありますが、
安いシールドでは防ぎきれないことがあります。

また、古くなったシールドでもそうしたことがあります。
ノイズがひどいと思ったら、まずはシールドを新しい、しっかりしたものに
変えてみましょう。

STEP2②エフェクターの電池を交換する

次に、エフェクターの電池がなくなっている可能性があります。
ACアダプターを使用している場合は問題ありませんが、
9V電池などを使用している場合、
予想以上の速さで電池がなくなることがあります。

ACアダプターを買うのが本当は良いのですが、
無理であれば、ライブ前には必ず電池を交換するようにしましょう。

STEP3③ベース自体の電池をチェックする

アクティブベースであれば、
ベース自体が電池を内臓しています。
これがノイズの原因になることはあまりありませんが、
電池が切れかけであれば、おかしな音を出すことがあります。

こちらはACアダプターなどではつなげませんので、
電池を換えるしかありません。

やはり、ライブの度に電池を換えるようにしましょう。

まとめ

他にも、PA的な問題でアースがきちんと落ちていないなどの原因も考えられます。アンプのコンセントを差し替えてみるなど、いろいろ試してみましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

電池 シールド アースの確保

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ