不安な時に減少する脳内セロトニンをチェックする方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

セロトニンとは、脳神経どうしのつなぎ目に存在しており、 不足することで、人は不安を強く感じるようになります。 セロトニン不足は薬で治すことができます。 まずは、症状をチェックしてみましょう。

STEP1【セロトニン不足かどうかチェックましょう】

1.うつ症状(気分の変化)
  ・気分がさえないことが多い。
  ・イライラしてしまう。
 
  うつ症状(行動の変化)
  ・仕事の能率が落ちてきた
  ・人とあいたくなくなった。

  うつ症状(身体の変化)
  ・ぐっすり眠れない。
  ・頭痛、肩こりが続いている。

  うつ症状(思考の変化)
  ・自分はだめだと消極的な考えになってしまう。
  ・将来に対しても悲観的。

STEP22.あがり症、赤面症

  人前にでると、
  ・過度の緊張に襲われてしまう。
  ・いつも不安で落ち着かない。
  ・手や声がふるえて思うように話せない。
  ・言いたいことが言えない。
  ・顔がこわばったり、赤面したり、冷汗が出たりする。

STEP3【セロトニンと薬の関係】

セロトニンは中枢神経系にあり、人間の精神活動に大きく影響しています。
日常生活から、うつ病や神経症などの精神疾患に至るまで
セロトニンの影響が注目されるようになり、
近年では、セロトニン系に作用する薬物を用いることによって、
これらの疾病を治療することができるようになっています。

まとめ

このような症状がある場合は、セロトニンが不足している場合がありますので、 かかりつけの病院または心療内科に相談してみましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ