思わず返信したくなるメールとは?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

相手との関係がより楽しくなっていく、ちょっとしたメールマナーをご紹介します。

STEP1

自分の話題だけではなく、相手に関係のある話題をふってみましょう。

親しい相手だと、ついつい自分都合なメールになってしまいがちです。
相手が受け取って、思わず気持ちが反応するようなことを話題にしてみましょう。

STEP2メールは長すぎず、短すぎない量にしましょう。

相手が何度もスクロールしなければいけない量では、読むのも返信するのも億劫になってしまいます。
逆に短すぎるメールも、相手が自分に関心がないのかな?と寂しく思われてしまいます。

相手が受け取っても負担にならず、なおかつ親しみの持てる量が好ましいでしょう。

STEP31度にたくさんの質問をするのは控えましょう。

1通のメールに質問がたくさんあると、答える方も大変です。
相手が軽い気持ちで返信できるくらいに、1通に1つの質問を心がけましょう。

STEP4ポジティヴな話題にしましょう。

誰でもネガティヴなメールよりは、ポジティヴな明るい内容のメールの方が、受け取って嬉しいものです。
グチを並べるよりは、前向きな言葉や、相手を褒める表現を盛り込んでみましょう。

まとめ

すっきりと気遣いのあるメールを受け取ったら、つい返信したい気持ちになりませんか? 誰でも明るく励まされたり、褒められたりすれば、またその人と話したい、と思うものですよね。 たくさん言いたいことがある時には、2度、3度とやりとりをする中で、少しずつ話題に入れていけばOKですよ。 次につながるようなメールで、もっと相手と仲の良い関係を築いていきましょう♪

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ