どくだみを活用して手あれ改善

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1160
  • ありがとう数:0

はじめに

どくだみは薬草としては、古くは江戸時代の書物の「大和本草」や「和漢三才図絵」に記載があり、現在は厚生省が発刊する「日本薬局方」にも収載されています。

どくだみは、その長い歴史の中で副作用がないことや優れた薬効が認められている、言わば、選り抜きのエリート薬草なのです。

STEP1どくだみの効果

・便秘、肩こり、高血圧、冷え性、ニキビ、オデキ、アトピー、水虫の諸症状を改善
・新陳代謝を活発にし、体質改善、強壮・強精、病気への抵抗・免疫力を高める

様々な優れた効果をもっています。
どくだみは身近に生えているので、簡単に手に入れることができます。

STEP2◆乾燥どくだみの作り方

どくだみ特有のニオイも消えてお茶や入浴剤などに手軽に用いることができます。

1.水で洗って泥やゴミなどをキレイに流します。
2.2~3本ごとに結んで束にして、風通しのよい軒下などに吊しておきます。
3.3~5日ほど干して、カサカサすれば出来上がりです。
4.適当な大きさにカットして、空き缶などにストックしましょう。乾燥剤も一緒に入れると尚いいです。

STEP3どくだみ入浴剤

乾燥させたどくだみを、木綿袋に入れて口を縛り、お湯に煮出します。しっかりとエキスを抽出させ、お湯の色が変われば、入浴剤のできあがりです。

エキスとドクダミ入りの木綿袋を入浴剤として、お風呂に入れてください。
手肌がしっとりして、手荒れに効果があります。

まとめ

カラダに使用するものというコトから、空気や水がキレイな自然豊かな場所で採取するのがよいでしょう。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ