Windows7 右クリック「送る」の項目をカスタマイズする

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1942
  • ありがとう数:0

はじめに

Windowsでファイルを選択して右クリックすると「送る(N)」という項目が表示され、そこから選択したファイルを元にメーラーを起動したり、ファイルを圧縮したり というアクションができますが、この送信先に自分の好きなアプリケーションを登録する方法について説明します。

こちらの設定はOSが管理する「SendTo」というフォルダで行っているのですが
Windows7 では少し分かりづらい場所にあるため、それについて説明します。

STEP1

ログインしているユーザー名を確認します。

STEP2エクスプローラーを使って、以下のフォルダを開きます。

例)ログインユーザーが「hoge」の場合
 C:\Users\hoge\AppData\Roaming\Microsoft\windows\sendto

STEP3

送り先に設定したいアプリケーションのショートカットを作成します。

ショートカットの作成方法は何でも構いません。

例として「メモ帳」を送り先に設定する場合は以下の手順です。
・スタートメニュー - すべてのプログラム - アクセサリ - メモ帳 の上で「右クリック、コピー」を行います。
・ステップ2のフォルダの中で「右クリック、ショートカットの貼り付け」を行います。

STEP4

「sendto」フォルダを閉じ、任意のファイルを右クリックし「送る」をクリックするとステップ3で追加した項目が表示されるようになります。

まとめ

アプリケーションのショートカットを貼り付けたままだと、ファイル名が長くなって見づらくなりますので、シンプルな名称となるように、ショートカットのファイル名を編集しましょう。

関連するタグ

必要なもの

ショートカットにファイル名をドラッグすると起動されるようなアプリケーション

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ