J-POPをメタルにする方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by penichillin
重低音。高速スラッシュ。ハイトーンなシャウト…。なぜ日本にはヘヴィ・メタルがいないんだ!?という(実際にはいますよね)方々に贈る、J-POP→ヘヴィ・メタル化の初歩の初歩編。

STEP1■パワーコードで押してみる

歪んだディストーション・ギターの響きがメタルへの第一歩。その鍵はパワーコードです。
パワーコードとは、和音の3度の音を抜いたもの。
Cだったら「ド・ミ・ソ」ですが、その「ミ」が無い音です。
Cmでも「ド・ミb・ソ」ですが、やはり「ミb」はカット。
つまり、メジャー感もマイナー感もいまひとつ感じられなくなってしまうのですが、とりあえずそんなもん。ついでに弾く時は一番上の音、Cのパワーコードだったら「ソ」の方がルートになると、さらにそれらしくなりますよ。

STEP2■疾走感、低音重視

とりあえず速いテンポでいく。
もしくはツーバスを踏んでみたり、サイドギターとベースはユニゾン(オクターブ違いですよ)で8beatを刻むなど、疾走感のある演奏を心がけてみる。
もちろん低音重視のセッティングで。

STEP3■高音シャウト

ロックにシャウトはつきものです。
でも、メタルなボーカリストはやたらにハイトーンなシャウトが特徴。ぜひその域にチャレンジされると、あなたも本物に。

まとめ

やっぱメタルを聴き込みましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

ある程度の演奏テクニック

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ